報告

HOME報告 › 「産業観光フォーラム・産業観光が地域の未来を拓く」(2006/1/25)

「産業観光フォーラム・産業観光が地域の未来を拓く」(2006/1/25)

産業観光の振興活動が全国的な広がりを続ける中、海外においても熱心な取り組みがなされていることが昨年7月に開催した産業観光国際フォーラムにて改めて示されました。
そこで、名古屋商工会議所では、平成18年1月25日に名古屋栄東急インにおいて、当地域における産業観光の振興活動を国内のみならず国際的なレベルにまで高めることを目的に、東海四県を対象とした「産業観光フォーラム」を下記の通り開催しました。

当日は、行政、観光団体、経済団体、一般企業、個人など幅広い層から約200名の参加を得て、産業観光の新しい展開のあり方について活発な討議がなされました。


プログラム
・基調講演 「産業観光が地域の未来を拓く」
 須田 寬氏(名古屋商工会議所文化委員会委員長、(社)日本観光協会中部支部長、東海旅客鉄道(株)相談役)

・パネルディスカッション
 「産業観光の新たな展開について」
 (コーディネーター)
 奥野信宏氏(中京大学総合政策学部長)
 (パネリスト)
 オリバー・マイヤー氏(愛知教育大学国際文化コース講師)
 熊澤眞紀子氏(通訳ガイド)
 山本勝子氏(知多ソフィア・ネットワーク チーフディレクター)
 須田 寬氏