報告

HOME報告 › 「産業観光フォーラム『広域連携・国際連携』」(2006/10/23)

「産業観光フォーラム『広域連携・国際連携』」(2006/10/23)

名古屋商工会議所では、平成18年10月23日にホテルグランコート名古屋において、産業観光の振興活動の広域連携・国際連携を視野に入れつつ、当地域の産業観光の更なる推進を図ることを目的に、「産業観光フォーラム」を下記の通り開催しました。

当日は、行政、観光団体、経済団体、一般企業、個人など幅広い層から約160名の参加を得て、産業観光の広域連携・国際連携の推進について活発な討議がなされました。


プログラム
・基調講演 「海外における産業遺産の保存・活用事例」
 スチュワート・スミス氏(TICCIH(国際産業遺産保存委員会)事務局長)

・パネルディスカッション
 「産業観光の広域連携・国際連携の推進について」
 (コーディネーター)
 種田 明氏(TICCIH(国際産業遺産保存委員会)日本代表、静岡文化芸術大学教授)
 (パネリスト)
 スチュワート・スミス氏
 バリー・ギャンブル氏(産業遺産コーディネーター)
 島田紀彦氏(産業技術記念館館長)
 山本勝子氏(知多ソフィア観光ネットワーク代表)
 須田 寬氏(名古屋商工会議所文化委員会委員長)