科学

見て、触れて、楽しみながら科学全般が学べる

名古屋市科学館

HOMEエリアで選ぶ名古屋市内 › 名古屋市科学館

白川公園内にある総合科学館。天文館、理工館、生命館の3つの館からなっています。
ドームの球体を強調したランドマーク的な外観デザインの世界最大内径35mのプラネタリウムドーム「Brother Earth」を始め、マイナス30℃の部屋でオーロラ映像を体験できる「極寒ラボ」や、高さ9mの人口竜巻を体験できる「竜巻ラボ」などのエンターテイメント性豊かな四つの大型展示も設置されています。
また太陽光発電や壁面緑化、制振構造やエレベータ構造の可視化を図るなど、建物自体が展示装置となっています。

交 通 地下鉄東山線名古屋駅から藤が丘方面行きで約2分「伏見」下車、徒歩約5分:運賃200円
開館時間 9時30分~17時(入館は16時30分まで)
入館料 〈プラネタリウムと展示室〉大人800円、大学・高校生500円、中学生以下無料
〈展示室のみ〉大人400円、大学・高校生200円、中学生以下無料 ※大学・高校生は要学生証
休館日 月曜(祝日の場合は翌平日)、第3金曜(祝日の場合は第4金曜)、年末年始ほか
見学時間 約120分
住 所 名古屋市中区栄2-17-1(芸術と科学の杜・白川公園内)
TEL 052-201-4486
H P http://www.ncsm.city.nagoya.jp/(日本語)
http://www.ncsm.city.nagoya.jp/en/index.html(英語)

エリアで選ぶ-名古屋市内  ジャンルで選ぶ-科学