伝統

七宝焼を「見て」「触れて」「学んで」「体験する」総合施設

あま市七宝焼アートヴィレッジ

HOMEエリアで選ぶ中エリア › あま市七宝焼アートヴィレッジ

約180年の歴史と伝統を有し、平成7年には「尾張七宝」として伝統的工芸品の指定を受け、人々に親しまれてきた「七宝焼」をテーマとした「見て」「触れて」「学んで」「体験する」ことができる総合施設であり、国内外に「七宝焼」の魅力をアピールする情報発信拠点。
施設では七宝焼の製作工程の見学、作品鑑賞ができ、毎日開催される七宝焼体験教室では、作品づくりを楽しみ、その日に持ち帰ることができる。

交 通 名鉄名古屋駅南名鉄バスセンターから名鉄バス安松経由大坪行きまたは津島行き約25分(10~15分毎)「安松」下車、徒歩約15分または名鉄津島線「七宝」下車、徒歩約25分
開館時間 9時~17時
入館料 常設展示室大人310円、小・中学生100円
休館日 月曜、祝日の翌日、年末年始
見学時間 約60分
住 所 あま市七宝町遠島十三割2000番地
TEL 052-443-7588
H P http://www.shippoyaki.jp/(日本語)
http://www.shippoyaki.jp/e_index.html(英語)

エリアで選ぶ-中エリア  ジャンルで選ぶ-伝統